来院された方の笑顔が何よりの喜び 患者様と想いを伝え合うことを目指しています

医師である父親の背中を見て育った幼少期

編集部 津田院長が医学を志したきっかけは何だったのでしょうか。
津田 私は、専門分野はそれぞれ違えど曾祖父、祖父、父親ともに医師という代々医者の家系に生まれました。そのため子供の頃から自然と自分もお医者さんになろうと思って育ったのです。私が幼少の頃に父は大学病院の循環器科で働いていましたが、父親が担当の曜日に覗きにいくと患者さんでいつも賑わっていて、そんな父親に憧れも抱いていました。父は今も現役で、関西で在宅医療という新しい分野で医学に携わっています。父や祖父のような医師を目指して今後も精進していきたいと思っています。

形成外科から美容医療の領域に

編集部 医師としてのキャリアを教えていただけますか。
津田 東京都内の大学医学部を卒業したあとに大阪にある病院で働き始めました。そこで二年間、初期臨床研修として外科や麻酔科、皮膚科などで経験を積んだあとに形成外科医となりました。形成外科医として八年間勤めたあとに、この水の森美容外科へ移りました。
編集部 美容外科に移られたのは何かきっかけがあったのでしょうか。
津田 形成外科と美容外科は施術の内容が非常に似た分野ですので、形成外科医の中にも美容外科の領域に興味を持っている医師は決して少なくないと思います。私自身は形成外科の治療をする中で治療箇所を美しくできたことに喜びを覚えていました。綺麗なものをつくりだすことがやりがいだったんです。そして以前の職場で師事していてずっと尊敬していた先生が病院を離れて独立されるタイミングで、自分も新しいことにチャレンジしてみようと思い立ち、本格的に美容医療を始めることにしたんです。共通する部分は数多くあるので形成外科としての経験は今の治療に活きていると思っています。

美容医療とは想いを伝え合うこと

編集部 美容医療において津田院長が大切にされている姿勢やモットーはありますか。
津田 美容医療は他科の医療、治療と違ってゴールの位置がある意味で定まっていないという点に特徴があります。傷を治す、病気を癒す、ということであればその症状が改善されれば百点と言って差し支えないかもしれませんが、美容医療においてはそうではありません。私たち医師の考える百点と患者様の考える百点とのあいだに乖離(かいり)が生じてしまう場合があります。その乖離を限りなくゼロに近づけるために必要なのは医師と患者様とのコミュニケーションです。患者様がどういう想いで当院を訪れたのか、どのような治療を望んでいるのか、どのような姿になりたいのか、そして私たち医師も医学的見地はもちろん顔の造形を整えるプロとして美的見地からアドバイスをします。そうしてお互いに想いを伝え合ったときにどちらも満足できる治療が実現できると思っています。

※乖離とは(かいり):そむき、はなれること。

笑顔を取り戻してくれた患者様

編集部 これまで治療された患者様の中でとくに印象に残っている方はいますか。
津田 もちろん全ての患者様ひとりひとりが特別ですが、中でも印象的なのは交通事故に遭われた影響で片足がひどくむくんでしまった方に脂肪吸引をしてさしあげたことです。その方はその症状に十年ほど悩まれていたのですが、当院で脂肪吸引の施術を受けた所、見た目が改善され、すごく喜んでいただけました。当院はアフターフォローとして施術の一ヶ月後、三ヶ月後に来院していただきますが、それくらいのときが患者様は施術の効果を最も実感しているときなのでよく感謝の言葉をいただきます。患者様の笑顔を見ると私自身も幸せな気持ちになることができるのです。

真摯な治療を求めるがゆえの悩み

編集部 反対に治療をされていて辛かったことや難しいなと感じられたことはあるのでしょうか。
津田 あります。当院では医学的な見地から患者様にとって必要である、安全であると判断した施術のみを提供しております。それは利益のための不要な施術を強要しないということでもあるのですが、同時に患者様が望まれている施術をやむを得ずにお断りすることもあります。患者様の体質やこれまでの治療歴、もしくはあまりにも過度な効果を期待されているときなどには治療を断念しなければならない時があるのです。医療に対して真摯であろうとしているからなのですが、私たちのその考えをご理解いただけない方もおられます。仕方のないことだとわかっていても、そういったときにはやはり気分が落ち込んでしまうことがあります。

良いお医者さんの選び方

編集部 最近では美容整形を受けることに対するハードルがだいぶ下がり、多くの人が気軽にクリニックを訪れるようになっています。それに伴ってクリニック自体も増えているわけですが、津田先生が考えるクリニック選びのポイントについて聞かせてください。
津田 確かに美容整形を受けるハードルは昔に比べてかなり下がっていますし、それに応えるようにクリニックの数自体も増えています。そのため患者様も自分自身できちんと情報収集をしなければいけません。具体的にはそのクリニックのホームページを事前にチェックし、その医師の経歴や施術のページなどを隅々までご覧になるべきです。また実際にクリニックに足を運んで担当医師と話し、その医師がどういう人物であるか、患者様に対してまた美容医療に対してどのような姿勢を持っているか、それを自ら確かめるべきでしょう。そうすることで本当に真摯な態度で自分に接してくれると思える医師に出会うことができるはずです。

座右の銘 【夢の途中】

津田 夢を持たないと人は輝かない、夢があるからこそ輝ける、生まれてきたからには夢を抱いて生きていきたい、そんな風に私は考えています。今の私にとっての夢は水の森美容外科を大きく成長させることです。

まとめ

  • 形成外科の経験が美容外科医としての津田院長の現在を支えています
  • 満足いく美容医療には医師と患者様とのコミュニケーションが不可欠です
  • クリニック選びの際には実際に医師に会って言葉を交わすことも大切です