誤った選び方

誤った選び方その1

「広告イメージを鵜呑みにしない!」

Dr.K

昨今、美容整形などの美容医療関連の広告が多く流れるようになりました。 「どこよりも安いイメージ」や「お試し的なイメージ」の広告も目にしますが、そういう宣伝文句を掲げているクリニックに実際に行ってみると、コースがいろいろあり、最終的には高額になってしまうケースもあるようです。 美容に関する関することとは言え医療である以上、広告のキャッチコピーやイメージだけに、こころを奪われずにクリニックを選ぶ必要がある時代だと思います。 広告を出しているクリニックに問題があると言っているのではありません。 広告で安易にクリニックを選ばないようにしましょう! ということです。

読者 Hさん

たしかに医療の世界で「どこよりも技術があるのに安い」なんて、そんな上手い話はない!ととらえるべきかもね。。。 広告が、技術力や信頼とイコールではないということを、念頭におかないとね。

誤った選び方その2

「ランキングサイト、口コミサイト、検索結果上位表示のサイトの情報を鵜呑みにしない!」

Dr.K

昨今、ネット情報が身近で利用頻度の多い情報源の一つとなってきました。
しかし、ネット情報の中には注意しなければならない情報もあるでしょう。
実は美容クリニック自身が運営しているランキングサイトも中にはあると聞きます。自身のクリニックに患者様を集めたいと思うのは至極当然のことではないでしょうか。
また、美容医療ポータルサイトのほとんどが、広告収入をビジネスモデルとしていますが、そうなるとサイトの運営会社に、より多く広告を出している美容クリニックが、当然のこと優遇される可能性があるのではないでしょうか。
と、このように情報を斜めから見て考える習慣はネット利用者としては大切だと思います。これは美容医療に限ったことではなく、すべてのランキングサイトや口コミサイトなどに言えることです。
逆に評価の低い内容を、同業の美容クリニックが書き込んだりするといった話も聞いたりします。ネットの口コミ情報について、「やらせがあるのでは」といった指摘がされていると思いますが、特に口コミ情報の中でも、美容医療分野については、体験した人があまり口外したくない情報だと言われているだけに、プラス評価・マイナス評価ともに口コミ情報の信憑性については過度の期待は持つべきではないでしょう。
個人ブログも同様です。検索結果の上位に表示されているブログの中には、アフィリエイタ― (自分のブログに表示されている広告をクリックしてもらってお金を稼ぐ)といわれる人たちの運営する記事も存在し、これは要注意です。何より個人の主観であったり、記事によっては医師でもない人が医術を説明しているサイトもありますからね。これは、美容クリニック選びに限ったことではありません。その情報発信元や運営者が明確ではないものは参考にしないことをお勧めします。

読者 Hさん

そういえば、嘘の評判を載せたサイトが告発されて削除されたこともあったわね。 検索結果の上位に出てくるランキングや口コミ情報は、どうしても利用者が多いと思って信用したくなるけど、普通に世の中の原理原則を考えると信憑性は希薄よね。勉強になりました。

誤った選び方その3

「安さ」だけに心を奪われてはいけない!

Dr.K

これも広告に関係した話ですが、
どこよりも安い!気軽にお試しからできる!
など私たち利用者は、価格面でのアプローチには弱いものです。「同じ手術なら安い方がいいし・・・」と思ってしまうのは、よくありそうな話だと思います。
しかし、どんなに簡単そうな施術でも、技術力のない医師にかかると取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。
価格競争力、価格戦略で患者様を獲得すること自体は悪いことではありません。魅力的な広告のクリニックが、経験豊富で技術力のある医師を抱えているクリニックであれば良い話です。クリニック選びにおいて大事なことは、「安さ」「お試し」につられて決めてはいけないという点です。正しい研修を受けた、キャリアを積んできた医師を選ぶことを1番重点におくべきではないでしょうか。また、医師の技術力以外でも、電話応対やスタッフの対応、丁寧な説明をしてくれるか、などをポイントに見極めましょう!
ファストフードのように「安い」「うまい!」とはいかないものと認識し、じっくりと選ぶべきだと思います。

読者 Hさん

お得感に弱いからこの判断が一番難しいかも・・・。 面倒でも広告だけで判断せずに、施術してくれる医師のキャリアを知って納得いくまで医師の話を聞くことが大事だということね・・・

気をつけたい美容クリニックの選び方まとめ

●広告を鵜呑みにしない!

「たくさん広告を見かけるから」「CMで見たことがあるから」「広告のイメージが魅力的だから」といって技術力があるとは言えないから、広告を鵜呑みにしてはいけないということね。 最終的には自己判断、自己責任なのだから慎重に選ばないとね!


●ランキングサイト、口コミサイト、検索上位サイトを鵜呑みにしない!

ランキングサイトなどは、広告収入をビジネスモデルにしているケースが多いから、より多く広告費を出しているところが優遇されてもおかしくないよね。 口コミも、ライターなどにお金を払って良い評価を書かせている可能性があるとなると、これも鵜呑みにしてはいけないということね。


●安さだけに心を奪われてはいけない!

クリニック選びにおいて、重視する点の1番を「安さ」「お試し」にして容易に決めてはいけないということ。 技術力や経験のある医師を探すことに意識を向けるということね! それと医師の技術力以外でも、電話応対やスタッフの対応、丁寧な説明をしてくれるクリニックなのかを直接感じて、自分自身で見極めることが大事ということなのね。