【特集】銀座S美容・形成外科クリニックの
「超音波脂肪吸引」とは

01.脂肪吸引とダイエットの違い

編集部 銀座S美容・形成外科クリニックの施術の1つに、気になる部分の脂肪を集中的に取り除く「脂肪吸引」がありますが、こちらについて詳しくお聞かせください。
酒井 まずは脂肪吸引について詳しくお伝えする前に、脂肪吸引とダイエットとの違いについてお話していきます。

まず私達の体内に存在している脂肪細胞は成長期までに作られ、一定数に達してからは増減するものではありません。

通常のダイエットは脂肪細胞を小さくなることでサイズダウンしていて、脂肪細胞の大きさが元に戻るとリバウンドしてしまう、というわけです。

加えて通常のダイエットでは、バストなどの痩せて欲しくない部分までサイズダウンしてしまう場合がありますね。食事管理や運動などで体重を減らすことはできても、気になる部分だけを集中的に細くすることはかなり難しいんです。そのためダイエットは「バストのボリュームがなくなった」「女性らしいラインが崩れた」などの声が、良く聞かれます。

一方で、脂肪吸引はリバウンドの心配も、気になる部分以外がサイズダウンしてしまう心配もありません。なぜなら、気になる部分の脂肪細胞を直接吸引し、脂肪細胞の絶対数を減らす施術法だからです。気になる部分だけを確実に細くすることが可能なんですね。

02.脂肪吸引のメリット・デメリットについて

編集部 「脂肪吸引」メリットとデメリットを教えてください。
酒井 治療を受けるご本人が、治療のメリット・デメリットについて知っておくのはとても大切なことです。それでは、最初にメリットについて、詳しくお伝えしていきます。

先程申し上げた通り、脂肪吸引の最大のメリットは、「部分痩せ」ができるというところです。

脂肪細胞を小さくする通常のダイエットと違って、脂肪細胞の数そのものを減らす脂肪吸引は、二の腕や頬などの脂肪を落としにくい部分にも効果的ですし、リバウンドもしにくいのです。

通常のダイエットであれば、厳しい食事制限や運動などが必要ですが、脂肪吸引はそのようなつらさを感じることなく、痩せたい部分の脂肪細胞を一度に減らすことができます。
編集部 次にデメリットについて、お聞かせ願います。
酒井 脂肪吸引の最大のデメリットは、費用が高額なところです。健康保険が適用されない脂肪吸引は、1度の施術で20万円以上の費用がかかります。ご希望の部位や施術方法によっては複数回に分けて施術を行う必要があるので、最終的に高額な費用を支払う必要があるケースが多いのが現状です。

また、脂肪吸引が身体にダメージを与える可能性がある施術だということも忘れてはなりません。

施術の際には、麻酔や痛み止めを使用いたしますが、全く痛みを感じないということはありません。脂肪吸引は術後にも痛みを感じることが多く、ダウンタイムも長い傾向にあります。

多くの脂肪を吸引したり、施術の際に出血量が多かったりする場合には、通常通りになるまでに、特に時間がかかってしまうことでしょう。また、脂肪吸引を受ける人の中には「一度施術を受けたら、もう肥満体型に戻ることはない」と勘違いされている方も少なくありません。

確かに脂肪吸引は脂肪細胞の数を減らすので、通常のダイエットよりはリバウンドしづらいと言えますが、乱れた食生活や運動不足の状態が続けば、脂肪吸引をした部分以外の脂肪細胞が膨らんで、再度肥満体型になってしまうことも珍しいことではないのです。

補足情報として、脂肪吸引を行った部分は引き締まった印象を受けますが、体重の変化はほとんど感じられないこと、内臓に付いた脂肪がついた状態のメタボリックシンドロームは脂肪吸引では改善できないこともお伝えしておきます。

最後のデメリットとして忘れないようにしていただきたいのが、脂肪吸引は医師の技量の良し悪しが、顕著に出てしまう美容施術であるということです。

ごく稀なケースですが、吸引後に皮膚に凹凸ができてしまったり、医療事故を招いてしまったりするケースも報告されています。

03.超音脂肪波吸引

編集部 「超音波脂肪吸引」という施術法に大変興味を持ちました。詳しくお聞かせください。
酒井 「超音波脂肪吸引」は、脂肪吸引施術前に超音波の振動エネルギーによって固体の脂肪を溶かすことで、弾力線維や血管などの組織を損傷することなく脂肪が吸引できるという施術法です。

脂肪組織を粉砕した状態で吸引するので、身体へのダメージを大幅に軽減して、効率的な脂肪吸引を行うことができます。通常の方法と比較して、腫れ・痛み・内出血が少なく、ダウンタイムが短い、ムラが発生しにくい、広範囲の脂肪吸引が可能などメリットが多数あります。

もちろん脂肪吸引の施術を行っていく上での基本となる、皮下脂肪を丁寧に吸引する、という施術についても、当院では専門医が責任を持って行います。状況に合わせて超音波を使用しながら、細い専用のカニューレ(吸引する際体内に挿入する管)で丁寧に脂肪を取り除きます。
酒井 また脂肪吸引の手術時は静脈麻酔を行いますので、患者様が眠っている間に手術は終了します。
基本的には、太もも裏側・表側とも1か所ずつの傷から吸引を行っています。また、なるべく傷跡が残らないよう、刺入部には私が開発した保護具を使用しています。

治療時間は、太もも全体で約2時間、腹部全体で約1時間半、上腕が40分、頬や顎で20分ほどです。
治療後には、むくみや内出血の症状を和らげるために、患部圧迫専用の装着具を使用して、2~3時間ほど休憩していただきますが、当日のうちにご帰宅いただけます。

治療後2日ほどで通常のお仕事が可能ですが、当院では数か月に渡って検診を実施し、万全な状態までしっかりとアフターケアを行っております。

04.「超音波脂肪吸引」の実際の症例について

編集部 銀座S美容・形成外科クリニックで、実際に行われた超音波脂肪吸引の症例について、お聞かせ願います。
酒井 はい、脂肪吸引装置を併用した大腿全周の脂肪吸引を行った患者様を例にしてお話をさせていただきます。
施術前は両太ももの間に隙間がない状態でしたが、脂肪吸引後1カ月には両太もものシルエットが全体的にスッキリとして、滑らかな足のラインと隙間ができあがりました。

超音波脂肪吸引のメリットが活かされ、患者様の術後の回復もとても早く良好でした。 お問い合わせが多い脂肪吸引の施術料金ですが、患者様おひとりおひとりのご要望や施術範囲によっても料金が変わってまいりますので、まずはカウンセリングにてご相談ください。

05.最後に

編集部 最後に、これから脂肪吸引を受けようとお考えの方に、ぜひメッセージをお願いします。
酒井 脂肪吸引をお受けになる前に確認していただきたいことは、脂肪吸引と言っても、ただ沢山の脂肪を吸引すればいいわけではないことです。機械が自動的に適切な量の脂肪を吸引してくれるわけではありませんので、やはり最も重要なのは「医師の技術力」です。どの部分をどれだけ吸引するか、といった判断は、経験と技術力に左右されます。

安易な宣伝広告や施術料金の安さに流されることなく、医師の技術力を吟味した上で、慎重に医師を選ぶことをオススメいたします。脂肪吸引をすべきかどうか迷っている方は、ぜひ一度お気軽に当院にご相談ください。