【切開法】気になる腫れや傷跡 患者様の要望を叶えるための工夫とは

01.切開法のメリットデメリット

編集部 水の森美容外科では二重整形も人気があると伺っています。二重整形とはどのような施術となりますか。
杉野 鼻と並んで目は顔の印象を大きく決定付ける重要なパーツです。日本人は一重や奥二重の目が多いと言われていますが、平板で暗い印象を持たれてしまいがちです。その印象をぱっちりとした二重にすることで明るく華やかなものに変えようとするのが二重整形の施術となります。二重整形にも糸を用いた埋没法や、メスを用いる切開法など種類があります。ここでは特に切開法について説明させていただきます。
杉野 切開法は名前の通り、上瞼の皮膚を切開し、折り畳むように瞼の中で癒着させることで二重を形作る施術となります。メスを用いることでしっかりとラインを生み出せるため、元々から腫れぼったい目をした方や埋没法の施術を受けたもの充分でなかったり薄れてしまったりした方におすすめできます。また切開法の中にも部分切開と全切開があり、端的な違いとしては切開する幅の広さですが、当院では基本的に全切開を提案するようにしています。それは、全切開は部分切開に比べて切り開く部分が広いためにしっかりとした二重をつくることができ、美しいラインに仕上げられるからです。 また施術においても手術視野が良い(切開する幅が広いために内部を見やすい)ため、処理がしやすいというメリットがあります。この内部の処理というのはとても大切で、切開法では眼瞼拳筋(目を開ける筋肉)という組織を内部で癒着させるため、そこにおける処理を適切にしなければ術後の腫れや内出血が強くなってしまうことがあるのです。ただし全切開であっても技術を持った医師が執刀しなければ、やはり腫れや内出血が強く出てしまうでしょう。ご自身の大切な身体にメスを入れることですから患者様は頼れる医師を選びましょう。

切開法自体のデメリットとして埋没法に比べるとどうしても施術後のダウンタイムが長いことが挙げられます。しかし埋没法などと比較した際に作用が望める施術であることは間違いないです。当院ではダウンタイムをなるべく短くし、症状を和らげるように努めています。

02.切開法の工夫

半永久的な二重にしたい
津田 当院では患者様のご要望をできるだけ叶えるために切開法に多くの工夫を行っています。 施術において内部処理を正しく行えば二重の作用を長続きさせることができます。しかしそのためには担当する医師が目の解剖、構造を熟知していなければいけません。その内部処理を正しく行って組織同士を適正に癒着させるには眼瞼挙筋を一度切除し、またつなぎなおすという作業が必要となります。それが不十分だと眼瞼下垂という機能障害が出てしまうことがあります。目の解剖、構造を熟知していない医師では眼瞼挙筋を正しく扱えないために施術自体が中途半端になり、内部処理が不十分になって腫れや内出血が強く出たり、ライン自体の仕上がりが弱々しいものになったりしてしまうなどのトラブルを後々引き起こしてしまいがちです。それを防ぐために当院では目の解剖、構造に熟知した医師のみが患者様に対して執刀します。
腫れを最小限に抑えたい
津田 切開法は埋没法に比べると、術後の腫れがどうしても生じてしまう施術です。それでも当院ではその腫れを最小限に抑えるよう努めています。麻酔の注入は腫れの原因の一つですが、決まった量を一度に注入するのではなく段階を経て少しずつ注入しながら痛みをブロックすることで麻酔量を最小限にしています。また電気メスを用いて内部処理を行うことで施術中の出血を最小限にすることも腫れを抑える働きをもたらします。
傷跡・幅をキレイに仕上げたい
津田 切開法に対する一般的な不満や不安として挙げられるのは傷跡が汚くて目立ってしまうこと、二重自体の幅が広過ぎていることなどです。

傷跡が汚くて目立ってしまう理由を多くの方は縫い方が雑だったためと考えがちですが、実際は違います。それというのも瞼の傷(手術跡)は縫合が通常であれば自然に見える部位に位置しているからです。傷が汚くなってしまうのは内部処理に理由があることがほとんどです。それが雑であったり技術が足りていなかったりすると癒着の際に皮下組織を巻き込んでしまい、切開線の合わさり方が不自然になって傷が汚くなってしまうのです。ここにおいても先ほど申し上げたように内部処理の技術が必要となります。
左右対称に仕上げたい
津田 仕上がりが左右で異なるのはまず一つに技術的な問題が考えられます。それ以外には完成形のイメージを医師と患者様の間できちんと共有できなかったこともあるでしょう。同じ人間でも目の形は左右で必ず異なるため、左右の瞼をまったく同じ形に仕上げるのはどれだけ熟練の技術を持った医師でも不可能と言っていいのです。そのためあらかじめ完成形のイメージを医師と患者様が共有することが必要となります。当院では患者様の要望される幅やデザインをきちんと聞くのはもちろん、シミュレーションで事前に完成形を確認してもらいます。また【仮止め】という埋没法を用いたチェックをして幅やデザインを確かめていただいてから、実際の切開に移るダブルチェックを行うことも可能です。これは当院の埋没法の腫れが非常に少ないために行える方法です。

二重自体の幅が広過ぎて不自然に見えるというご不満は、他院で治療を受けた方がよく口にされることです。しかし残念ながら広くつくり過ぎた二重は修正が効かないことがありますし、仮に修正の施術を行ってもどうしても不自然さが残ってしまうこともあります。そういった後悔をされないためにも一番初めの施術のときにご自身のお顔に合う、幅の二重をつくらなければなりません。当院では先に紹介したようにシミュレーションやダブルチェックを用いることで実際に切開する前に完成形のイメージを持っていただけます。当院ではカウンセリングや、アフターフォローの丁寧さなどを意識しております 。

03.患者様第一の医療体制 東京新宿院が目指すもの

津田 ここ東京新宿院は2017年9月にオープンした水の森美容外科の中で最も新しいクリニックになっています。立地としては新宿駅から徒歩約5分、人が多く行き交う街の真ん中にあるためどなたでも気軽に来ていただけます。カウンセリングルームも多く設けておりプライバシーが守られているため、美容整形にまだ抵抗を持たれている方も訪れやすい環境づくりを心がけています。スタッフも患者様に喜んでいただけるサービスを提供しようと日々精進しておりますので、美容整形を検討されている方、他院で施術を受けたもののその結果に満足できていない方、どなたでもどうぞお気軽にご来院ください。

まとめ

  • ダウンタイムをなるべく短く、和らげるよう努めている
  • クオリティをより高いものにするため多くの工夫を行っている
  • 患者様に合った治療を受けていただける環境づくりを心がけている