切らないフェイスリフト「スレッドリフト」の種類について

01.切らないフェイスリフト「スレッドリフト」

編集部 有楽町高野美容クリニックでは切らないフェイスリフトと言われる「スレッドリフト」も患者様から大変好評だと伺いました。スレッドリフトとはどういうものなのでしょうか。
高野 スレッドリフトにはいろいろな種類があります。ここでは代表的なフェイスラインのたるみ、口元横のたるみを改善する方法についてお話します。スレッドリフトは特殊な糸を使って大きく切開することなく、たるみの引き上げをはかろうとする施術です。糸を顔面皮下組織に通して組織を引き上げます。
編集部 糸を通すということですが、どこから糸を通すのでしょうか。また大きく切らないといっても傷跡が残ったり、内出血したりするのでしょうか。
高野 基本的には顔面4方向に糸を入れます。1本の糸の両端に針がついており1本の糸で2方向に糸が入ります。もみあげの中を小さく切開し、そこから長い針を刺していきます。針のお尻の部分に糸がついていますが、その糸にはとげのようなものが付いています。このとげが組織に引っ掛かることで顔のたるみも引っ張り上げることができるということです。そのひき上がった状態を維持するために頬に入れた糸に絡ませるようにして頭皮の下にも糸を入れます。その糸を頭頂部付近から引き出し、これを引き上げることにより頬が挙上された状態を維持することができます。 切るといっても針を通す程度の穴を開けるだけなので傷跡はあまり目立たず、内出血もほとんど起こりません。

02.スレッドリフトのメリット、気を付けるべきこと

編集部 スレッドリフトには様々な特徴があるとおっしゃっていましたが、そのメリットや、反対に気を付ける点を教えていただけますか。
高野 切るフェイスリフトと比べた場合の特徴は腫れや内出血などのダウンタイムがほとんどないことです。また傷跡も気にならない程度なので、これまでダウンタイムの長さや傷跡によって、美容整形を受けたことを周囲に悟られてしまうのではないかという不安を抱えていた方でも受けていただけます。また、大きな外科的手術自体を敬遠していた方にもおすすめです。 気を付けるべきこととしては、やはり引き上げの作用の点においては切るフェイスリフトの方が優れているということです。持続時間においてもやはり切るフェイスリフトの方が長いです。また糸は異物ですので常に感染のリスクがあります。

03.様々な種類のスレッドリフト

高野 スレッド(糸)リフトにも多くの種類があり、それぞれ作用が違います。その特徴を紹介させていただきます。

― ゴールデンリフト ―

高野 冒頭でお話した顔面4方向にとげのついた糸を入れて頬を挙上するのがゴールデンリフトです。この方法で溶ける糸を使用するのがミントリフトといいます。

― ミントリフト ―

高野 従来の糸に比べてコグ(とげのようなもの)の引っ掛かりの作用や持続時間を長く改良したものです。
コグの長さを伸ばして組織をより掴みやすくしており、体内に残る時間も長期化されています。体内に残る時間が長くなったことでコラーゲンが生成される時間も延びるため、肌の張りを長期間にわたって実現できます。

― ゴールデンスペシャルリフト ―

高野 上記のゴールデンリフトと併用して受けていただける施術です。 たるみが強い方は引き上げた際に皮膚が余ってしまうことがありますが、その皮膚を耳の前で切除する方法です。傷跡はできますが耳の付け根にし、できるだけ目立たないようにします。

― KINGcog(キングコグ) ―

高野 体内で溶ける糸を使用したスレッドリフトです。もみあげに開けた小さな穴から四方向、放射状に糸を入れます。糸にはコグ(とげのようなもの)がついていて、引っ張ることで組織を引き上げます。ゴールデンリフトと比べて手軽にできる分、引き上げの作用は小さいですがダウンタイムはより短くなっています。

― ハッピーリフト ―

高野 頬のあたりを持ち上げます。 とげのついた3~5本の糸を片方の頬に入れていきます。施術自体は15分ほどで終わるので他のスレッドリフトに比べ、気軽に受けていただけます。引き上げの作用はありますし、ダウンタイムは短く腫れや内出血などは、ほとんど起こりません。

― ショッピングスレッドリフト ―

高野 こちらも15分ほどの施術時間で受けられるスレッドリフトです。引き上げたい箇所に極細の針を多数刺し、皮下組織に体内で溶けるPDO糸という糸を挿入していきます。人間には自然治癒力が備わっていて、針を挿入したときにできる小さな傷を治す過程で血管や組織が新しくなったり、コラーゲンが生成されたりします。それによって肌が活性化されたるみを改善します。 ※PDO糸・・・Polydioxanone(ポリジオキサノン)製の優れた柔軟性を持つ糸

これらKINGcogやハッピーリフト、ショッピングリフトは手軽に受けていただける分、その作用は通常のリフト術と比べるとあまり高くはありません。

― 新スクリュー型ショッピングスレッドリフト ―

高野 上記のショッピングリフトに改良を加えたものです。 これまでのショッピングリフトは糸をU字状に埋没させていましたが、この施術では螺旋状に埋没させます。それによって引き上げの作用や持続性を高めることを実現しています。 引き上げに持続期間をできるだけ長くしたい方におすすめです。

04.最後に

編集部 スレッドリフト治療をお考えの方にメッセージをお願いします。
高野 このように種類の異なるスレッドにはそれぞれ特徴があります。どの糸を使うべきかは患者様とのカウンセリングの中で決めていきます。肌のしわやたるみが気になる、けれど大きな手術はしたくない…そんな方におすすめなのがスレッドリフトです。

まとめ

  • 糸を使ってしわやたるみを引き上げるのがスレッドリフトです
  • 大きく切ることがない、ダウンタイムが短いなどのメリットがあります
  • 糸にも様々な種類があり、それぞれ作用に特徴があります