元に戻ってしまう可能性が少ない切開法 部分切開と全切開を比較

01.切開法の種類と施術方法

編集部 切開法の方法は一通りではないと思いますが、実際にどんな種類の方法があるのでしょうか。
高野 まず切開法ですが、この方法のメリットは元に戻りにくいしっかりとした二重に仕上がることですね。まぶたの皮膚を切開する範囲が6ミリほどと少ない小切開法。10ミリほど切ってより元に戻りづらく全切開法のような腫れもない中切開法。目頭から目尻までを切開して腫れぼったいまぶたの要因となる眼輪筋、脂肪(眼窩脂肪、眼輪筋下脂肪)などともに、余剰である皮膚を切除する全切開法。実は切開法にもこうしていくつかのタイプがあります。 切開法に共通して言えるのは、皮膚の厚い人や目の周囲の脂肪が厚い人におすすめということです。
編集部 二重整形において注意したいのはせっかく二重にしたのにまた一重に戻ってしまう場合があることです。一重に戻りにくいことを重要視すると切開法が良いと聞いたことがありますが、切開法とはどんな施術方法なのかを詳しくお聞かせください。
高野 そもそも二重と言うのは目を開いた時、上のまぶたの皮膚が折れ重なることで起こっています。 上のまぶたには目を開くための眼瞼挙筋という名前の筋肉があるんですが、この筋肉は瞼板という組織に付着しています。
まぶたを切開して眼輪筋を多少除去しながら瞼板を露出させ、その露出した瞼板とまぶたの皮膚を縫い付けるのが部分切開法です。 これによって、眼瞼挙筋が収縮して目が開く時に縫い付けられた部分が引き込まれるようになり、そうなると上のまぶたの皮膚が折れこむ形になって二重の状態になります。 また、先ほど部分切開法には小切開法と中切開法があると言いましたが、小切開法では1か所の縫い付け、中切開法では2か所の縫い付けを行います。このため、中切開法は固定が確かで元に戻りにくいと言われています。もちろん、だからといって小切開法が悪いというわけではありません。当クリニックでは患者さんのケースに合わせて最良の方法を提案いたします。

02.部分切開と全切開のポイント

編集部 切開法において、部分切開と全切開のそれぞれのポイントを聞かせてください。
高野 はい、二重整形を知らない人も多いと思うので言葉を足しておくと、今質問された部分切開は文字通り一部分を切開する施術なので、先ほど説明した小切開法と中切開法のことを指します。 全切開は皮膚、眼輪筋を切除した後に眼窩隔膜という膜を切開して、この膜を翻転させ、これを切開した部分の皮膚に縫い付けるということをします。眼窩隔膜は眼瞼挙筋に連続しているため、目を開くときに縫い付けられた部分がひきこまれて、二重の折れ重なりができるのです。また睫毛の生え際にかぶさる皮膚を切除することも重要なところです。 ただ部分切開や全切開が埋没法に比べて必ずしも優れているというわけではありません。 切開が良いかどうかは患者さん次第ですから、元に戻せる埋没法の方がおすすめというケースももちろんあります。 ですので、ポイントとして部分切開や全切開がおすすめのケースを挙げておくと、まず過去に埋没法を受けて元に戻ってしまった人です。追加で何度も縫うと糸が増えてしまいますから、目の負担となってしまいます。 次に、まぶたが腫れぼったい人、それとできるだけ元に戻る可能性を低くしたい人には全切開法がおすすめです。 また、切開の範囲を小さくしたいのであれば部分切開という選択肢もあります。

03.施術の流れ

編集部 では実際に部分切開・全切開の施術を受けるとした場合、どのような流れになるのかお伺いさせてください。
高野 まずカウンセリングを行い、利点や欠点を含めた切開法の特徴を説明させていただきます。このカウンセリングにわたしは時間をかけるようにしています。身体に手を加えることですので、それが患者さんにとって本当に必要であるのか、必要であるならどの方法が最適であるのかをきちんと話し合います。施術自体のことで言えば患者さんがとくに気にするのが施術後の腫れですが、腫れている期間は部分切開では埋没法よりは明らかに短く3日くらいです。全切開では1週間から10日くらいです。その点を含め、切開法における注意点など全てを詳しく説明させていだきます。 次にシミュレーションを行い、ここでは埋没法と同様にブジー(クリップをまっすぐに伸ばしたようなもの)をあててどのようなラインを希望するか確認します。その後シミュレーションしたラインをデザインして施術に入ります。施術のことで最も気になるのは痛みだと思いますが、局所麻酔や痛み止めの注射を行うため、施術で痛むことはほとんどありません。 切開する範囲は切開法の種類によって異なりますが、当クリニックではいずれの場合も出血を抑えるための止血を大切にしながら施術を行っています。施術時間は小切開で約30分、全切開で約50分くらいです。 施術当日は入院することなくそのままお帰りいただくことができますし、入浴、洗顔、洗髪は問題なく行えます。 アフターについての説明もしておくと、5日後には抜糸を行うために来院していただき、2週間後くらいに状態を確認するための診察を行います。 これが大まかな施術の流れですね。 切開法の種類によって料金が異なります。

04.最後に

高野 埋没法をして元に戻ってしまった方、自分は目の脂肪が厚い方なのでは?と悩んでいる方もぜひ一度ご相談ください。お客様にあわせた治療をご提案させていただきます。